活性酸素の種類

こんにちは。
スタジオラッシュ広島店「エステ大好き」ブログです。

前回は老化の原因となる活性酸素の発生原因と私達の体との関係についてお伝えしましたね。

ま だ20代前半の方には老化という言葉はピンとこないかもしれませんが、この活性酸素の影響でしみ・しわ・たるみ・などの肌トラブルやダイエットをしても痩 せない・太りやすくなる・むくみやすくなる・体調も疲れやすくなったり動脈硬化・肝機能障害・心疾患・などに加えガン発生の引き金になる可能性も高いとい われています。

活性酸素の怖さはおわかりいただけましたでしょうか?
ただ活性酸素が体にある事自体が問題なのではなく、増えす ぎてしまった活性酸素が私たちの体の細胞を傷つけたり、免疫組織や多くの臓器などに影響を与え、働きを低下させ新陳代謝が低下していき、増えすぎた活性酸 素を放置してしまうことで老化の進行を早め、さまざまなトラブルに見舞われるということです。

実はこの活性酸素は13種類あると言われており、体内で産生されるのは7種類、その中でも代表的な活性酸素が4つあります。

以前お伝えしましたが強くはありませんが、体内で大量に発生するスーパーオキシドイオンや不安定な過酸化水素、この2つから発生する体内では最も強いとされるヒドロキシルラジカル、紫外線によって目や皮膚に発生する酸化力が高い一重項酸素などが代表的なものです。

一般に活性酸素除去と謳う商品は市場に数多く販売されていますが、そのほとんどがスーパーオキシドイオンにしか対応できないのが現状です。

これだけ知ればこの4大活性酸素をどうしたら除去できるかしりたいですよね?それはまた次回更新します。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加