活性酸素ってなに? その2

みなさん、こんにちわ。スタジオラッシュ広島「エステ大好き」ブログです。

前回、活性酸素がどういうものなのかについて書きましたね。

今回は活性酸素が体内で発生する原因について書いていきます。

活性酸素が体内で発生する原因として、努力次第で回避できるものとできないものがあります。

ストレス・タバコ・アルコール・食品添加物・・・これらは自分自身の問題ですから回避できるといえば回避できますが、問題は紫外線・大気染・・・この2つは100%回避は難しいですね!

それから近年問題になっているのがパソコン・携帯電話・テレビ・電子レンジなどの電磁波・・・とあげればきりがありませんが、その結果活性酸素が過剰に発生してしまうのです。

一日に細胞1個当たりおよそ10億個発生しこの活性酸素によって損傷するDNAの数は数万~数10万個ともいわれています。もちろん私たちは黙って活性酸素の攻撃を受けているわけではありません。

酸素から発生する有害な活性酸素を中和するSODという働きを備えています。
このSOD酵素は抗酸化物質ともいわれており、体内で作られてもいるのですが、悲しいかな一生のうちに作られる量が決まっているようで20歳前後がピーク時とされており40歳代ではピーク時の半分以下に減るとされています。

だからこそ体の外からSOD様食品を取り込む必要があるのです。

活性酸素を抑制するとどんな良いことが期待できるのでしょうか?
それについてはまた次回更新します。
ぜひお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加